まさかの猫も危ない|コンフォティスなら簡単に使えてとても便利です

まさかの猫も危ない

白いカプセル

基本的には犬にしか感染しないと言われているフィラリアですが、実は最近「猫」にもフィラリアの感染が見られるようになりました。
そのため猫を飼っている人もある程度フィラリアは関係してくるものだと言えるでしょう。
では犬と猫でどうフィラリアの症状や感染率は違ってくるのか?

まずその症状についてですが、主に猫のフィラリアには3つの病態に分けることができます。
ひとつが呼吸器疾患と言われる未成熟なフィラリアによって起こるものです。
これは未成熟のフィラリアが肺動脈に到達して死滅することによって起こります。
別名「犬糸状虫随伴呼吸器疾患」とも呼ばれており、発症し始めると過呼吸になり猫なのに犬が舌を出すような動きをします。

そしてもうひとつが慢性犬糸状虫症です。
これは成虫が死滅したときに起こってしまう急性期を乗り越えた猫に残る呼吸症状になります。
急性期のダメージが残っている状態によく発症するのですが、軽度の過呼吸がずっと続くことになります。

ではフィラリアの感染率はどのようになっているのか?
猫の場合は犬と違ってその数値を調べるのがすごく難しいと言われています。
理由はミクロフィラリア検査や心臓超音波検査などが猫には使えないからです。
猫の場合はミクロフィラリアがほぼ血液検査で見つけることができません。
さらに少数寄生なのでどのような手を使ってもフィラリアの発見が難しくなっています。
ただ一言だけ言えるのは、フィラリアに感染したとしてもそこから犬のように悪化することはあまりないということ。
多くのフィラリア病原体は成虫になるまでに死滅するので、そこは多少安心できるところかもしれません。
ただそれでもやっぱりフィラリアは怖いものなので、フロントラインなどの予防薬を必ず購入しておくことをおすすめします。